私の日々


by まこ

知っていますか。小寺菊子と名の作家を

d0217072_22531991.jpg


ふるさと文学を語るシンポジュウムに参加しました。
反骨の作家・小寺菊子の文学の紹介がありました。
彼女は明治12年、富山市旅篭町に生まれました。                                     徳田秋声門下生で、 明治・大正・昭和と息長く活躍したまれな女性作家です。
その活躍の場は、多彩で多面的で雑誌(女性・文芸・総合・演劇・映画・大衆・週刊誌等など)・           18新聞 掲載された著作総数は540以上あります。
その内容は小説・随筆・紀行文・体験記・詩と多様性にも評価される。
ジェンダーともてはやされる 以前 大正初期 はやくも 
女性の自立・封建的な旧思想へ反発など思案する作品を発表。
私たちが知る 与謝野晶子・吉屋信子 の先たち 活躍した 
小寺菊子を富山の私たちが知り  全国の人に発信していきたい。

代表作 「綾子」 機会を見て 是非 読んでみたい作品です。
[PR]
by pcgmasako | 2011-03-20 23:47