人気ブログランキング |

私の日々


by まこ

<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

憧れの 槍ヶ岳

新穂高 5時10分 いよいよスタートです。林道を黙々と歩きます。昨年も双六岳を目指し 歩いた道を
再び 行きます。昨年は 雨降る中 9時30分ごろスタートしたと思います。今回 天候もよく 時間も早いせいでしょうか 林道の風穴から 冷たい風が 気流となって噴き出す様子を初めて目にしました。
d0217072_11535385.jpg


ご存知 これが 双六小屋です。この小屋は 方々に向かう 分岐点で昨日土曜日は大変な 混雑だったそうです。小屋入りは午後2時30分 出発から 9時間20分(休憩含む)最後 雨に降られ傘を差しての小屋入りでした。

d0217072_11541894.jpg

昨年 双六の頂上 360度の眺望から勿論 槍ヶ岳 遙かに見えました。 はるか遠くに!
私には 槍ヶ岳登頂 ムリムリ 絶対無理と 思ってました。
しかし、今年 参加してる会で 槍ヶ岳ゆきプランが 浮上しました。
また 某イベントでTガイドさんとの出会いがあり 励ましを受けました。
「このチャンスを捕まえよう」人生最後のチャンスに賭けました。大変なプレッシャーでの参加です。
途中の写真撮りも封印し、以前使用の軽めのカメラを持参しました。よって小屋の周辺の写真だけです。
d0217072_0214717.jpg

2日目の双六小屋前の日の出です。絶好の登山日和です。今日は 行程が短いため昨日より1時間遅れの
6時10分スタートです。
d0217072_0355476.jpg

双六から 登り登りです。なかなか肩の小屋 槍ヶ岳山荘が姿を見せません。
やっと槍の肩に11時55分到着しました。5時間40分(休憩含む)の行程でした。

昼食・休憩後午後2時35分山頂めざし ついに3180m 3時憧れの 山頂に立つ事出来ました。眺望は 近く 子槍・孫槍・曽孫槍
辺りまでです。かの有名な槍の梯子 心配してましたが 大丈夫でした。問題は 下山の鎖でした。
メンバーに両腕でぶら下がるように 指示されました。どこか 一点でも確保無くては 両腕だけで自分を支えれません・・・・ メンバーのサポートによってようやく下山出来ました。今後行かれる方は 鎖場が ポイントです!
d0217072_12052.jpg
幸運にもブロッケン現象が発生し 自分の姿をハッキリと確認できました。残念ながら写真を撮れてません。
暮れゆく 夕日も感動的で 皆写真を撮ったり この時間を楽しんでました。満天の星空に出会いました。
d0217072_151491.jpg
日の出前の富士山です。
立山からも ラッキーな時富士を見る事ありますが 槍からの富士は大きく ビックリしました。
d0217072_175158.jpg
槍のご来光です。
d0217072_1165524.jpg

槍ヶ岳山荘前です。小屋スタート7じ30分 大喰岳に立寄り槍平小屋11時50分 新穂高駐車場4時近くでした。最後は 雨に会い 予定より遅れて到着でした。途中何ヶ所もヒカリゴケを見ることが出しました。
今回の槍ヶ岳   「登りたい」 この思いを味方にし たいへんなプレッシャーのなか メンバーのサポートはじめ 周辺の皆様のお陰で登頂でき 感謝の気持ちでいっぱいです。 そして 「絶対と言うことはない 思えば
叶えられる」とも実感致しました。  感謝  感謝・・・・
by pcgmasako | 2012-08-28 06:41